ジェネリック医薬品について

ジェネリック医薬品について

ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品は、先発医薬品と同じ有効成分で作られ、「厚生労働省の承認を得て製造・販売」される薬のことです。先発医薬品と同じ効果や安全性が確認されてから発売されますが、開発にかかる期間が先発医薬品と比べて短い分、かかる費用が安く済むために低価格で提供することができています。

美祢シティ薬局のジェネリック医薬品について

先発医薬品の開発には、約10年~15年の年月と約150億円以上の莫大な費用が必要といわれています。ジェネリック医薬品は先発医薬品の有効性・安全性が確立した後に作られるので開発に要する時間も少なくて済み、費用も先発医薬品より安価に製造することができます。健康意識の高まる昨今、生活習慣病などが理由で定期的に薬を飲んでいる人も少なくありません。いくら健康維持のために必要とはいえ、毎回の医療費も重なれば高額な出費となってしまいます。ジェネリック医薬品は、個人の医療費負担を軽くするだけでなく、国全体の医療費削減にも大きく貢献されることが期待されています。美祢シティ薬局グループでも、患者さまのご希望に添えるよう可能な限りジェネリック医薬品での処方に対応させていただきます。